逆境をチャンスに変えるために中小企業の社長が今考えておくべき3つのこと
~不安を成長の原動力に変えよう 2020.10.1~ 新大阪開催

今回のコロナショックにより
経営に不安を感じている経営者さん
多いかと思います。

●減った売り上げが戻らないのではないか?
●お客さんは元通り来てくれるだろうか?
●世の中が変わる中で、うちの会社は変化に対応できるだろうか?
などなどたくさんの声をいただいています。

事実、
私もクライアント先の社長・幹部と
コロナによる影響がどの程度まで広がるかを
シュミレーションする日々です。

◆不況を乗り越えて分かった逆境をチャンスに変える方法
石原はガソリンスタンド業界にて
バブル崩壊と自由化による価格競争を
経験してきました。

独立後は
東日本震災とリーマンショックによる
デフレ不況も経験しました。

そこからわかる結論は、
逆境=ピンチ
ではありません。

逆境をチャンスに変えるには
「考え方」と「やり方」があります。

このセミナーでは
逆境をチャンスに変える
3つの着眼点をお伝えします。

◆下り坂で考えるべきこととは?
経営が下り坂になった時に
あなたの会社は
どんな行動をしていますか?

バブル崩壊後やリーマンショック後に
多くの企業が取った行動は3つ。
闇雲なリストラ
闇雲なコスト削減
闇雲な値下げ

これを行った結果、
生産性が上がらず、
苦しんでいる会社を見てきました。

その中で
これらをやる前に
やるべきことがあるのではないか
と仮説を立て、
そしてその仮説を立証してきました。

結論、
闇雲なリストラ・コスト削減・値下げは
企業の持続的な成長の邪魔をします。

誤解なきように言うと、
解雇もコスト削減も値下げも
やる時は躊躇なくやります。
(正確には石原の立場から提言します)


会社は存続してなんぼ
会社が潰れても人を辞めさすな!
とか
コストは減らすな!
とか
価格は無視しろ!
なんて
荒唐無稽な
甘っちょろいことを
言う気はさらさらありません。

ただ、
企業がどうすれば
持続的に成長していけるか
を経営者と一緒に考え、
実践してきた中で
私なりに掴んだ答えがあります。

それは、
中小企業であればあるほど
会社の根本を作り上げなければ
という点。

その際に押さえておくべきポイントを
3つに絞りセミナーにてお伝えします。


セミナーの内容は
●今やることがわかる春夏秋冬理論
●陥ると抜け出せない低迷スパイラルとは?
●逆境の時に最初に確認しておくこと
●商売上手の社長に共通する〇〇思考
●アフターコロナ時代の世界観とは?
●強い財務体質を作るお金の使い方 他
です。

対象は、
●時代の転換期に自社の方向性を見つめ直したい経営者
●この機会に経営の土台を見直しておきたいと考えている経営者
●次なる成長へ向けて、今何をすべきかを見定めておきたい経営者
をイメージしています。
※お届けする内容から、士業・コンサルタントの方のご参加はお断りする場合があります。予めご了承ください


経営者の皆さんに
この思いをお伝えしたく
セミナーを開催しようと思うに至りました。

世の中から聞こえてくる情報だけを聞いていると
この世の終わりではないかとの錯覚さえいだきます。

ですが、
私は実は全く逆の世界観を持っています。

コロナショックをきっかけに
あれほどもがいていた
働き方改革が一気に実現し、
リモートが当たり前になり、
生産性が飛躍的に上がり、
個人の幸せと企業の成長が両立される

そんな世の中が
目の前に浮かんでいます。

ぜひご一緒に
そんな未来を描きながら
今できることを考えてみませんか^_^

このセミナーが
下向きになりかけている気持ちを
未来へ向けるきっかけになればと思います。

それではお会いできるのを楽しみにしています。

◆開催日時
2020年10月1日(木) 15時~17時

◆開催方法
新大阪NLCセントラルビル 3階大会議室
※新大阪駅から徒歩10分、西中島駅から徒歩5分

◆参加費
5,000円(消費税込み)


会社 必須
役職
名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号 必須
半角数字のみ。